ノンケミカルとは?その意味やメリット・デメリットを解説

「ノンケミカル」とは、化粧品の訴求でよく使われている用語で、直訳すると「化学合成物質が入っていない」という意味になります。

元々は日焼け止めの成分について使う言葉で、ケミカルは「紫外線吸収剤」を使用した日焼け止め、ノンケミカルは「紫外線散乱剤」を使用した日焼け止めのことを指します。

紫外線散乱剤の2つのメリット

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めや化粧品のメリットを解説します。

肌への低刺が少ない、クレンジングで簡単に落とせるという2つのメリットがあります。

紫外線散乱剤のメリット①:肌への低刺が少ない

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べて肌への刺激が少ないので、敏感肌の方は紫外線散乱剤を使用したノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

紫外線吸収剤は、紫外線を肌の上で吸収して化学的に変化させ、熱やエネルギーとして放出することで、紫外線から肌を守る化学合成物質です。

そのため、紫外線を吸収する際に肌の上で化学変化が起こる状態になるため、敏感肌の方は刺激として感じやすいと言われています。

一方、紫外線散乱剤は紫外線を散乱、反射させることで紫外線による肌への影響を防ぎます。

簡単に言うと、肌の上にバリアをはって、紫外線を肌の上で反射させているといったイメージです。そのため、敏感肌の方でも刺激を感じにくいと言われています。

紫外線散乱剤のメリット②:クレンジングで簡単に落とせる

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤と比べて簡単に落とせるという特徴があります。

中には石鹸で落とせるものや、水だけで落とせる紫外線散乱剤の日焼け止めもあります。

日々のクレンジングが手間だと感じている方にはおすすめです。

紫外線散乱剤の2つのデメリットを解説

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めや化粧品のデメリットを解説します。

肌への低刺が少ない、クレンジングで簡単に落とせるという2つのデメリットがあります。

汗や水で落ちやすい、白浮きしやすいというデメリットがあります。

紫外線散乱剤のデリット①:汗や水で落ちやすい

メリットでもお伝えしましたが、紫外線散乱剤はクレンジングで簡単に落とせるという反面、日中でも水や汗で落ちやすいという特徴があります。

そのため、汗をかきやすい夏は、何度も塗りなおす必要があります。また、屋外での激しいスポーツやレジャーなどを行う場合は定期的に塗り直すなど、注意が必要です。

紫外線散乱剤のデリット②:白浮きしやすい

紫外線散乱剤は、主に酸化チタンや酸化亜鉛などを含んだ粉体です。

そのため、肌に塗った際に、ムラになったり白浮きしやすいというデメリットがあります。

プチプラのノンケミカルの日焼け止めの選び方を解説

日焼け止めは自分の肌タイプや肌なじみの良さに合わせて選ぶ必要があります。

敏感肌の方はノンケミカルの中でも、より低刺激な日焼け止めがおすすめです。また、「SPF」「PA」も日焼け止めを選ぶ基準になります。

「SPF」とは、UVB(紫外線B波)を防ぐ指標で1~50+までの数値で表示されます。

UVBとは、肌に赤みや炎症を起こす紫外線の種類で、肌が黒くなる原因になります。SPFの数値が大きいほど、UVBの防御効果が高いことを意味します。

「PA」とは、UVA(紫外線A波)を防ぐ指標で4段階の+の数値で表示されます。

UVAとは、一時的に肌を黒くしたり、長期的には肌の弾力を低下させる原因となります。PAの+の数値が多いほどUVAの防御効果が高いことを意味します。

また、日焼け止めを使う場面も重要です。

スポーツやレジャーなど汗をかきやすい場面で使用する場合は、SPFやPAの数値が高く、より落ちにくい日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

ノンケミカルのプチプラな日焼け止めTOP3

プチプラなら、この3つの日焼け止めがいいですよ!

ニベア
キュレル
オルビス

それぞれ見ていきましょう!

第1位 コスパ最強!ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+/PA+++

ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドは、ミルクタイプの日焼け止めで、その名の通り、マイルドな使い心地で肌の上でサラっと伸びてベタつき感もあまり感じません。

うるおい成分であるヒアルロン酸を配合して肌ケアができるのも嬉しいポイントです。

SPF50+/PA+++なので、紫外線防御効果も高く、価格も比較的安いので、スポーツやレジャーを含めて、様々な場面で使える日焼け止めです。

第2位 赤ちゃんにも使える!キュレル UVローション SPF50+ PA+++

キュレル UVローションは、赤ちゃんでも使えるほど低刺激で、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめの日焼け止めです。

キュレルは、肌にはかかせない「セラミド」をケアする成分が含まれており、肌をケアしながら紫外線から守ってくれます。

乳液タイプで白浮きしにくく、植物由来の消炎剤が入っており、日焼け後の火照りも防いでくれます。

また、SPF50+ PA+++で紫外線防御効果も高く、スポーツやレジャーでも使用できます。

第3位 普段使いに!オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)フリーエンス SPF30 PA+++

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)フリーエンスは、肌への負担や乾燥、きしみ感を極力なくすために作られた日焼け止めです。

そのため、時間が経っても乾燥やべたつきも少なく、肌なじみも良いため、日焼け止め特有のべたつきやきしみ感が苦手という方にもおすすめです。

SPF30 PA+++なので、紫外線防御効果は少し低めですが、買い物や洗濯といった日常生活ではSPF10、PA+ 程度でも十分効果があります。

そのため、スポーツやレジャー時よりも普段使いにおすすめの日焼け止めです。

プチプラではないがおすすめのノンケミカルの日焼け止め

プチプラではありませんが、無添加工房OKADAのUVミルク(SPF20・PA++)もおすすめです。

無添加工房OKADAのUVミルクは、赤ちゃんや子供にも使える低刺激設計の日焼け止めです。

アロエベラやカモミールといった美肌成分を配合し、防腐剤も自然由来のわさびの根を発酵させたエキスを使用しているため、紫外線から肌を守りながら肌ケアも行えるので様々な肌タイプの方に対応しています。

そして何といっても肌に塗るとスッとのびる使い心地の良さが特徴です。

また、SPF20・PA++なので、普段使いにおすすめの日焼け止めです。